肌に悪いは本当!?クレンジングオイルのデメリットと正しい使い方

クレンジングオイルは肌の悪い

「クレンジングオイルは肌に悪い」と、なんとなく耳にしたり、目にしたりしたことがありませんか?

肌に悪いと言われでも、スルッとメイクも落ちるからやめられない…。という方も多いのではないでしょうか。
でも、洗浄力の弱いクレンジングではメークを落としきれなかったり、毛穴汚れを落とすために必要以上にこすってしまったりと、かえって肌トラブルの原因となるような刺激を与えてしまうことも考えられるのです。そもそも、油汚れは水では落ちにくく、オイルに溶ける性質がありますから。

ここではそんな肌に悪いと言われるクレンジングオイルのデメリットやオイルの特性を活かした正しい使い方までご紹介しています。

なぜクレンジングオイルは肌に悪いのか!?

今や定説!?とまではいかないですが、クレンジングオイルは肌に負担がかかると認識している人は多いでしょう。

その理由としてクレンジングオイルは界面活性剤の洗浄力が強すぎるからというのが挙げられます。

界面活性剤は、オイルと混ざりあうことで浮き上がらせたメイクを落とす、洗浄の働きがあります。

ですが、落とす力が強すぎて、肌に必要な皮脂も合わせて流してしまうのです。

皮脂が不足した状態だと、肌が乾燥状態になり、毛穴の広がりやニキビなどの肌トラブルの原因につながってしまいます。

では、他にもそのようなデメリットがあるのかご紹介していきましょう。

知っておきたい!クレンジングオイルのデメリット

肌を傷つけやすい

クレンジングオイルのメリットの一つが「オイルで滑りがよくなるから指先に力を入れなくてもメイクが落ちる」というものです。確かにクレンジングオイルはするする伸びて力を入れなくてもメイクがするんと落ちてくれますよね。

しかし、滑らかすぎると無意識に指先に力が入ってしまうという場合もあります。洗浄成分が強いクレンジングオイルで肌をこするということは、肌に必要なうるおいまで落としてしまうということです。

この滑らかすぎてつい擦ってしまうのも、「クレンジングオイルが肌に悪い」と言われるようになった理由の一つです。

乾燥しやすい

クレンジングオイルはメイクともよくなじみますが、必要な皮脂までもなじんでしまい、一緒に洗い流してしまうことがあります。皮脂が少なくて乾燥気味の肌質の方は、さらに乾燥に悩まされることになります。 必要な皮脂まで落としてしまうのは、クレンジングオイルに含まれている界面活性剤が影響しているといわれています。

ファンケルクレンジングオイルが乾燥肌に最適である理由
乾燥肌は、洗浄力が強いメイク落としを使うと、さらに乾燥が悪化する恐れがあるので、クレンジング選びにも気を使いますよね。 クレンジン...

界面活性剤が多く含まれている

クレンジングオイルの欠点をひと言でまとめると、洗浄力が強すぎるため、お肌に必要な皮脂やうるおいまで洗い流してしまうことです。

その理由は、クレンジングオイルには、ミルクやジェルといった他タイプのクレンジングに比べて、界面活性剤が多く含まれている傾向にあるからです。

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせるために必要な成分。ですがこの界面活性剤が、必要以上に洗浄力を高め、お肌を荒れさせる原因をつくるのです。

クレンジングはメイクとなじみ汚れを浮かせる過程と、その浮かせた汚れを水やぬるま油で流す過程に分けられます。

クレンジングオイルはその性質上、メイクとのなじみが良いですが、オイルを肌から落としきるために、界面活性剤が多く必要となります。つまり、クレンジングオイルの欠点は、界面活性剤の配合量にあると言えるのです。

ファンケルのクレンジングオイルの界面活性剤は必要悪!?それとも...
素早くツルんとメイクが落ちるのが、ファンケルクレンジングオイルの特長です。 でも擦らなくてもメイクが落ちるというのは、かなり強い洗...

肌に負担の少ないオイルクレンジングポイントは乳化

こういったクレンジングオイルのデメリットを補って、肌への負担を軽減してくれるのが「乳化」という作業です。

クレンジングオイルを使う時に乳化をするかしないかで、メイクの落ちも、肌への負担の強さも全く違ってきます。

ただ、油と水は混じり合わない物質のため、流しただけでは落ちません。

クレンジングには乳化剤というものが含まれているので、本来混じり合わない性質の油と水を混ぜて洗い流しやすくしてくれます。
こうすることでオイルの肌残りや、なかなか落ちないからとゴシゴシ強く洗ってしまって起きる摩擦や乾燥が進むことを防ぎます。

肌負担を軽減する乳化のやり方

  1. クレンジングオイルとメイクをなじませる/1分
    指先には力を入れずに、滑らせるようなイメージでくるくると指を動かしてなじませます。
    どうしても指に力が入ってしまう時は、力が入りやすい人差し指は使わず中指と薬指だけを使うと力加減が上手くいきます。
  2. オイルのついた指先や手のひらに水を数滴たらしてなじませる/30秒
    透明のオイルが水と混ざり合って、乳液のように白っぽく変わってくるのがわかると思います。この状態が乳化です。

乳化に使う水の量はほんの少しだけ。手のひらを水に浸してから軽く払って、残っている水くらいでOKです。

もし足りないようなら数滴ずつ足していきます。いきなりたっぷりの水を付けると乳化しにくいので、ちょっとずつちょっとずつ足していくようにしましょう。

オイルのするするした質感から、乳液のような軽い質感に変わって肌全体が白っぽくなったら乳化完了の合図です!

後はすすぎ残しがないように注意してください。その後はいつものスキンケアを行いましょう。

【知らなきゃ損】クレンジングオイルの特徴を最大限活かす乳化方法
クレンジングオイを使い出してからなんだか肌が乾燥する...。よくよく調べてみたらクレンジングオイルって肌に凄く負担がかかるってどこかで見...

まとめ

オイルクレンジングは強い効果を持つぶん肌への負担が大きくなってしまうため、お肌に悪いと避けられがちです。
その理由としてはミルクやジェルタイプのクレンジングと比較すると、オイルクレンジングには界面活性剤が多く含まれている傾向があるからです。

デメリットも理解しつつ、その分得られるメリットや正しい使い方を身につければメイク落としによる刺激や肌への負担も大幅に軽減されるので、クレンジングオイルを使う上でしっかりと乳化作業を経由して行うことを意識しておきましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【知らなきゃ損】クレンジングオイルの特徴を最大限活かす乳化方法

【知らなきゃ損】クレンジングオイルの特徴を最大限活かす乳化方法

憎きいちご鼻は角栓のせい?予防はクレンジングオイルで徹底的に!

憎きいちご鼻は角栓のせい?予防はクレンジングオイルで徹底的に!

クレンジングオイルで頭皮マッサージ

クレンジングオイルで頭皮マッサージすれば毛穴汚れもスッキリ♪