ファンケル/クレンジングオイルは脂性肌やニキビ肌でも安心!?

ファンケルクレンジングオイルは脂性肌やニキビ肌でも安心

メイク落としに使うクレンジングには、オイルやリキッド、ジェルなど様々なタイプがあります。

無添加化粧品ファンケルのメイク落としの中でも、クレンジングオイルは断トツの人気を誇り、長く愛用しているファンも多いです。

ロングセラーで支持されているファンケルクレンジングオイルですが、油分を含む”オイル”なだけに、脂性肌やニキビ肌の悩みがある方は使用する上で躊躇してしまうこともありませんか?

ここでは、ファンケルのクレンジングオイルでニキビを悪化させるリスクについて解説しています。

ファンケルのクレンジングオイルの特徴

ファンケルのクレンジングオイルは、擦らなくてもスルスルっとメイクを落とすことが特長です。頑固なアイメイクなども簡単に落ちてしまうほどの洗浄力は本当に凄い。

また、水や汗に強く、落ちにくいウォータープルーフタイプのメイクも刺激を与えずに落とすことができるのが肌への優しさを求める人に支持されていることが大きな理由の一つです。

皮膚の表面には、皮脂膜と角質層に含まれる保湿成分が、バリア機能として肌を守っています。

メイクを落とすたびに、摩擦を与えるとバリア機能が壊れやすくなるので、軽くメイクに馴染ませるだけでスルッと落とせるクレンジングオイルは、肌を守る効果が高いというわけです。

ニキビの良し悪しはクレンジングの方法で変わる

「ニキビができているから、メイクはしない」というのが許されるならそれもアリですが、そうもいかないですよね。

メイクをすればクレンジングをしないわけにはいきません。ファンデーションに含まれる油性の成分は、キレイに落とさないと皮脂と混ざりあって酸化して、ニキビを悪化させることになります。

メイク落としをする時に、擦らないと落とせないクレンジング製品は、ニキビのある肌にはリスクが高いです。

毛穴の中の汚れを落とさないとニキビが増えるからと、何度も擦るような方法でメイクを落とすと、ニキビの炎症を悪化させるかも知れないので、強く擦らずに落とすようにしましょう。

ニキビが治らない!そんな場合はクレンジングを見直そう

ニキビの原因は、ホルモンバランスによる皮脂の過剰分泌や、間違ったスキンケアによる肌のバリア機能の低下などいくつもの原因が重なることもあります。

クレンジングオイルがニキビを悪化させる原因になるわけじゃなく、クレンジングの方法が間違っている可能性も高いです。

まとめ

ニキビのリスクを最小限にするクレンジングの方法は、できるだけ短い時間で、肌を摩擦する回数を最小限にしてしっかりメイクを落とすことです。

汚れを残す方がニキビの悪化の原因になるので、手早くオフすることを心がけましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ファンケルのマイクレならウォータープルーフのマスカラもOK

ファンケル/マイクレならウォータープルーフのマスカラもスルッとOFF!

ファンケル/クレンジングオイルはマツエクも本当にOKなの!?

ファンケルのクレンジングオイルはマツエクも本当にOKなの!?

ファンケルのクレンジングオイルの界面活性剤は必要悪!?それとも...

ファンケルのクレンジングオイルの界面活性剤は必要悪!?それとも...

ファンケルクレンジングオイルが乾燥肌に最適である理由

知ってた!?ファンケルクレンジングオイルが乾燥肌に最適である理由